TokyoTotem_BW_331x224mm_final
TokyoTotem_p036TokyoTotem_p077TokyoTotem_p084

トーキョー・トーテム 主観的東京ガイド/Tokyo Totem – A Guide to Tokyo

¥2,916

商品説明

トーキョー・トーテム 主観的東京ガイド
Tokyo Totem – A Guide to Tokyo

著者名=モニーク(MONNIK)[編]
発行所=フリックスタジオ
判型=A5タテ変形
頁数=320
言語=英語・日本語要約付き
発行年月=2015年10月30日
本体価格=2,700円
ISBN=ISBN978-4-904894-28-6

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外国人クリエイターの眼から見た
東京の真の姿
独断と偏見でつづる超主観的東京論!
東京初体験の外国人も必見!

『トーキョー・トーテム 主観的東京ガイド』は、諸外国のデザイナー、アーティストをはじめ、社会科学やアーバンリサーチの研究者が東京を観察して得たものをつづった、とても主観的な東京のガイドブックです。ガイドといっても、美味しいレストランや楽しいスポットが紹介されているわけではありません。東京での常識そのものが、彼ら著者の興味の的であり、それを外国人の目線で分析したとてもユニークな本なのです。

著者の多くは、2012年10月30日から東京の「SHIBAURA HOUSE」で行われた東京を観察するワークショップの参加者たちです。このワークショップはアムステルダムに拠点をもつアーバンリサーチのラボ「モニーク(Monnik)」が主催したものです。ワークショップの結果が、この本のエッセイ、リサーチ、マップ、写真、ポエム、マンガなどに表現されており、これは情緒的なアートブックであり同時に理知的なリサーチレポートでもある、とてもハイブリッドな本であるといえます。

是非、46人の著者の目を通した東京をご覧になってください。そこには、銭湯通、コンビニ研究者、建築家、地理学者、都市散策者がいます。建築家のJulian Worrall、アーティストArne Hendriks、Jan Rothuizen、都市学者Christian Dimmer、人類学者Gavin H. Whitelaw、銭湯通のGreg Dvorakも著者に名を連ねています。また、外国人ばかりではありません。社会デザイン学者の三浦展、スリバチ学会の皆川典久、建築家の吉村靖孝、エディターの深澤晃平ほか、多くの魅力的な著者にも参加いただいています。全コラムに日本語の要約も掲載しているので是非手に取ってみてください。

This publication is the result of a collaboration between international and Japanese authors and makers from various disciplines, ranging from art to social science and from urban studies to design. What they have in common is their interest and fascination with cities, and in particular Tokyo’s urban culture.

This eclectic group grew from an international urban research and exploration workshop on Tokyo organised by Amsterdam-based studio Monnik and hosted by Tokyo’s SHIBAURA HOUSE exactly 3 years ago, on 30 October 2012. Everybody’s efforts resulted in the essay’s, maps, photo essay’s, collage’s, poem’s, manga’s, illustrations and observation’s that have been collected in this book that is hard to categorize. It is called a guide, not because it helps you to find places to see, or places to eat or drink, but because it helps you to read and see the city differently.

Each contribution let’s you experience a different city. You may look at the city through the eyes of a bathhouse connoisseur, a host, an architect, a topographer, a flaneur, a konbini anthropologist, a foreigner, an artist or a child. In a way each author is a guide, and thus this guide book is reality 46 guidebooks. Amongst your ‘guides’ are social design researcher Atsushi Miura, Tokyo Urban Basin Society president Norihisa Minagawa, architect Julian Worrall, architect Julian Worrall, artist Arne Hendriks, editor Kohei Fukazawa, architect Yasutaka Yoshimura, visual artist Jan Rothuizen, urbanism professor Christian Dimmer, anthropologist Gavin H. Whitelaw, bathhouse connoisseur Greg Dvorak and many others.

[目次]
Dear reader|読者の皆さまへ

Christiaan Fruneaux, Edwin Gardner/Monnik

Chapter 0.5|第0.5章
Find Yourself|自分自身を見出そう

Foreigners of the world unite!|世界中の外国人よ、連帯せよ!
Arthur van Beek

The noble art of subjective exploration|主観的探検という高貴な芸術
Christiaan Fruneaux

There I was|私はそこにいた
Aukje Dekker

Tsim tsum|ツィムツーム
Arne Hendriks

Chapter 1|第1章
Walk the land|大地を歩き回ろう

Deciphering Tokyo through its Suribachi topography|スリバチ地形から東京を読み解く
A recommended tour of Roppongi’s uneven topography|六本木・凹凸めぐりのすすめ
Norihisa Minagawa|皆川典久

The formation of Tokyo – Its topography and history|東京のなりたち – 地形と歴史
Kohei Fukazawa|深澤晃平

Tokyo Jisou maps|東京時層地図
Japan Map Center|日本地図センター

Hidden terrain|隠された地形
Niklas Fanelsa

Okina kutsu, big shoe|大きな靴
Pink Pony Express

Conversations in a teashop|喫茶店でのおしゃべり
Willemien Dorresteijn

Tokyo slide|トーキョー・スライド
Anneke Abhelakh

The city of children|子供たちの都市
Chris Berthelsen

The empty sign|空虚な表象
Anneke Abhelakh

Chapter 2|第2章
Follow the rhythm|リズムに乗ろう

City beyond time|時間を超越した都市
Joris Berkhout

Konbini morphology|コンビニ:流転の形態論
Gavin H. Whitelaw

The naked neighborhood – Exploring the metropolitan bathscape|裸のつきあい:東京都心の銭湯
Greg Dvorak

Moment in stillness|静寂の瞬間(とき)
David Orkand

Documentarians of change -A short history of street fashion in Tokyo|変化をめぐるドキュメンタリー東京のストリートファッション 小史
Daphne Mohajer Va Pesaran

Time in the city of temporal monuments|時のモニュメントの街における「時間」
Julian Worrall

Below 1.30|1.30メートル以下の世界
Thekla Boven, Bastian Boss, David Bauer

Itadakimasu:Digesting the konbini’s many menus|いただきます:コンビニに並ぶたくさんのメニューを消化する
Gavin H. Whitelaw

Chapter 3|第3章
Choose your city|都市を見出そう

In the arena of alternative modernities|もうひとつのモダニティのアリーナの中で
Julian Worrall

Still power: sartorial surveillance and the under-city|静かなる権力
Jonathan M. Hall, Yi Zhang

A machine for living|住むための機械
Joris Berkhout, Thijs Middeldorp

Super legal buildings|超合法建築
Yasutaka Yoshimura|吉村靖孝

Hera shibori|へら絞り
Fritzi Ponse

Saturation points|飽和点
Gabriel Verret

Tracing the past in the city of the future|未来の街の過去をたどる
Jephta Dullaart

Love of nature|自然を愛する心
Anna Berkhof

Plant uniform|プラント・ユニフォーム
Anna Berkhof, Daphne Mohajer Va Pesaran, Cameron McKean

The sea we would like to see|私たちが見たい海
Manar Moursi

Chapter 4|第4章
Make yourself at home|くつろごう

Feeling at home in Tokyo|東京でくつろぎを感じる
Anna Berkhof

Haruka’s house|遥の家
Jan Rothuizen

Omoiyari|思いやり
Maiko Arrieta Aoki

Tokyo homes|東京の住宅
Maren Godzik

Signboard machiya|看板建築
Niklas Fanelsa

Enjoy House|エンジョイ・ハウス
Charlotte van Zanten

Public to private|パブリックからプライベートへ
Will Robinson

Single ladies|独身女性たち
Tomoko Kubo|久保倫子

Shaken spaces|揺れる空間
Mara Duer, David Labi

New family|新しい家族
Inara Nevskaya

Mapping konbinity|「コンビニ」なるものをマッピングする
Gavin H. Whitelaw

The shared town – Tokyo’s future|シェア・タウン—東京の未来
Atsushi Miura|三浦 展

New urban commons|新しいアーバン・コモンズ
Christian Dimmer

Close to home|わが家のような居場所
Monnik

The guide project|ガイドプロジェクト
Monnik

This side up|こちら側を上に
Jasper van den Berg

Lust in translation
Daniel Ruigrok

[著者紹介]
MONNIK(モニーク)

Christiaan Fruneaux、Edwin Gardner共同主宰によるオランダ・アムステルダムのリサーチラボラトリー。これまでに、ベイルート、アムステルダム、最近ではワルシャワを題材としたガイドブックを発行。2012年11月、東京を「成長」と「静止」という観点から見る「静止都市(Still City)」ワークショップを企画・実施。国内外からアーティスト、デザイナー、学者、作家が集まり、11日間に渡ってフィールドワークやディベート、創作活動を行った。本書はそのワークショップをベースに、丸3年の制作期間を経て、書籍化したものである。

[Tokyo Totem HP]
http://www.tokyototem.jp

追加情報

重さ 0.6 kg