プリント

舞台技術の共通基礎

¥2,700

商品説明

舞台技術の共通基礎
公演に携わるすべての人々に

著者名=劇場等演出空間運用基準協議会[編]
発行所=フリックスタジオ
判型=B5タテ
頁数=232
言語=日本語
本体価格=2,500円
発行年月=2014年4月
ISBN=978-4-904894-18-7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
舞台機構、照明、音響、映像など、これまでエキスパートが現場で伝えてきた技術や知識をまとめた1冊。各分野で日本のトップ技術者が集まり編纂。舞台技術を学ぶ初心者の必読書である。わかりやすく解説しているので、これから劇場の企画や管理に携わろうとしている専門外の関係者にとっても、劇場を理解するための貴重な参考図書として役立つ。

[目次]
第1編 実演芸術と劇場・ホール
第1章 日本の公立劇場・ホール
 I. 日本の芸能文化と劇場・ホール

第2章 劇場・ホールの歴史と概要
 I. 劇場・ホール建築の歴史的変遷
 II. 劇場・ホールの機能と性能
 III. 劇場・ホールを構成する機能諸室と部位

第3章 文化芸術政策と劇場・ホール
 I. 実演芸術の社会的な意義について
 II. 文化芸術の振興を図るための法的基盤
 III. 劇場、ホール等の社会における役割について
 IV. 劇場、音楽堂等の活性化に関する法律
——
第2編 実演芸術の制作
第1章 公演制作の組織と安全
 I. 安全衛生管理体制
 II. 劇場等演出空間における安全衛生管理体制
 III. 公演制作過程における責任と役割

第2章 公演制作過程の実際
 I. 企画からバラシまで
 II. 危機発生時の緊急措置
——
第3編 劇場・音楽堂 その設備と運用の実際
第1章 機構
 I. 吊物機構
 II. 床機構
 III. その他の舞台機構設備
 IV. 幕類
 V. 操作盤

第2章 照明
 I. 舞台照明負荷設備
 II. 調光操作室
 III. 舞台照明機器
 IV. アクセサリー
 V. 光源

第3章 音響
 I. スピーカー/ 出力系
 II. パワーアンプ(電力増幅器) 出力系
 III. マイクロフォン類 入力系
 IV. ワイヤレスマイク 入力系
 V. 録音再生機器 入力系
 VI. 音響調整卓 コントロール・伝送系
 VII. 回線系 コントロール・伝送系
 VIII. 電源設備

第4章 映像
 I. 表示機器
 II. 映像回線
 III. 操作機器
 IV. 再生機器 素材機器系
 V. ビデオカメラ 素材機器系

第5章 連絡設備
 I. 音声関係
 II. 映像関係
 III. その他の連絡設備

第6章 電気の安全事項
 I. 電気とは
 II. 電気の供給
 III. 電気事故の状態と対策
 IV. 電気に関する法律
 V. 電気の知識
 VI. 測定器
 Ⅶ. 電気の取扱注意事項

第7章 劇場技術管理
 I. 劇場技術管理者の業務
 II. 舞台設備の運用と維持管理
 III. 公演制作のための支援と舞台設備の運用
 IV. 市民利用の場合の指導助言と安全管理
 V. 人材の育成と舞台技術力の向上
 VI. 廃棄処理
——
付録
舞台芸術進行に関わる法令及び条例等
関連基準、ガイドライン
関連職能団体に関する情報
関連資格や技能認定に関する情報
参考文献

追加情報

重さ 0.5 kg