MNM08_cover_1114

[Mn'M 08] In the Search of Urban Quality

¥1,200

商品説明

Measuring the Non-Measurable 08
In the Search of Urban Quality: 100 Maps of Kuhonbutsugawa Street, Jiyugaoka
都市の質を探して:自由が丘、九品仏川緑道百景

著者名=ダルコ・ラドヴィッチ Darko Radović[著]
    ダヴィシー・ブンタム Davisi Boontharm[著]
発行所=フリックスタジオ
判型=B5タテ
頁数=120
言語=英語、日本語(巻頭論文のみ和英併記。それ以外の内容は英文)
発行年月=2014年4月
本体価格=1,111円
ISBN=978-4-904894-19-4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自由が丘の人気ストリートを分析。
100点以上におよぶビジュアル表現を通じて、現代都市の様相にせまる。

ここには、東京のとある場所——自由が丘周辺、正確には、九品仏川緑道という1本の街路だけのマップが数多く集められている。…(中略)…現在、正統とされる都市研究は、ラージスケールと各種の測定指標を重視する傾向がある。こうしたものは特定の目的(都市当局が大好きな「世界の都市ランキング」や「グローバル都市ランキング」など)には役に立つかもしれないが、Mn’Mが重視するのは、軽視されるばかりか欠落していることも多い、補完的な「都市的なるもの」の知識の重要性であり、その部分に我々は注目するのである。
…(中略)…『自由が丘、九品仏川緑道百景』の重要な目的のひとつは、見落とされがちな「都市的なるもの」の要素と活動の重要性を強く主張するという、実際的なものである。…(中略)…ここでは情報を伝える方法として、広い意味で「マッピング」に分類される技法を用いた。…(中略)…それは従来の地理的な意味でのマップではない。完成された「正式な」マップもあれば、写真に注釈を付けただけのものもある。それらのマップはすべて、何よりもまず、記録された場所、瞬間、記録時の状況、強度のなかで見つけたエッセイ的なものを手に取って伝えようとするものであり、そうすることが、重なり合い絡み合って自由が丘と九品仏川緑道の複雑性をつくり出している深遠な感情と感覚的な質とを、より深く理解し、認識し、伝えていくきっかけとなる(ことを我々は願っている)。
ダルコ・ラドヴィッチ(プロローグより抜粋)

[目次]
PROLOGUE

In the Search of Urbanity アーバニティを探して
Darko Radović|ダルコ・ラドヴィッチ

————————————————————————–
1. Essays エッセイ
In the Search of Urban Quality 都市の質を探して
Darko Radović|ダルコ・ラドヴィッチ

Life Between Japanese Building 日本の建物のあいだのアクティビティ
David Sim|デヴィッド・シム

The Human Dimension – A Sustainable Approach to City Planning
人間的側面——都市計画の持続可能なアプローチ
Jan Gehl and Birgitte Bundesen Svarre|ヤン・ゲール、ブリジット・バンデセン・スヴァ

How to Study Public Life … パブリックな生活の学び方
Jan Gehl and Birgitte Bundesen Svarre|ヤン・ゲール、ブリジット・バンデセン・スヴァ

————————————————————————–
2. Investigating Urban Quality: Creating the non-measurable quality of the urban
都市の質を探求する:測定できない都市の質を創造する
Central Jiyugaoka
A: Authenticity, Attraction
C: Car Free, Craft
D: Density
E: Experience
H: History
I: Intensity : Small Elements, Intensity
M: Morphology
P: Pedestrian Environment
S: Shoescape, Station

100 Maps of Kuhonbutsugawa Street
A: Al fresco
B: Benches
Bikescape
Boundary
C: Comfort
Consumption
E: Emoscapes
Enclosure
Everyday Life
F: Feminine Spaces
Feminine Topography
Festival
Foodscape
French
H: Homelessness, Human Scale
I: In-between Spaces
Inside-Outside
J: Jiyugaoka: Imagination, the Cakescapes
K: Kinderscapes
L: Livability
M: Morphology
Movement
O: Obstacles
P: Painting … on the Wall
R: Reflection 1: This Used to be a River
Reflection 2 : From Flow of Water to Flows of People
Resilience
Rhythms
Rhythms: Seasonal Change
Rhythms: The nightscape of residential Kuhonbutsugawa Ryokudo
S: Slowness
Snow
Survey Results
T: Touches
W: Walkability
Window Shopping
————————————————————————–
3. Producing Urban Quality: Towards Quality Public Spaces, co+labo + Gehl + … an initiative
都市の質をつくりだす:良質なパブリックスペースに向けて

Summer Pavilion
Winter Pavilion

————————————————————————–
Post Scriptum
The Poetics of Everyday Life 日常生活における詩学
Vuk Radović|ヴク・ラドヴィッチ

[著者紹介]
ダルコ・ラドヴィッチ Darko Radović
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授。ベオグラード、ユーゴスラビア大学にて博士号取得。ヨーロッパ、オーストラリアおよびアジア各地にて、建築と都市の調査、研究を行なう。

ダヴィシー・ブンタム Davisi Boontharm
都市研究家。長年、パリ、バンコク、東京、シンガポール、メルボンで生活し、仕事をしてきた。現在(2014年)、上智大学グローバル教育センター、慶應義塾大学准教授。とくにアジアのクリエイティブな風土や商業スペース、持続可能な都市再生に着目し、調査、研究を行なっている。

追加情報

重さ 0.4 kg